So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Melton Meinl Weston 45S [チューバ]

現在の使用楽器はMelton Meinl Weston 45S(中古)。
購入したお店のお話では、とあるプロ奏者の方が師匠と伴にマイネル・ウェストン社に赴き、内容を細かく吟味した上で組み上げたものだとか。枝管を取り付ける際も最も鳴るポイントで固定できるよう、管の取り付け位置を回しずらしては試奏を重ねハンダ付けしてあるとの事。確かに驚くほど吹き易いです。
以前に載せた写真で見ての通りのF管。仕様としてはベルΦ420㎜で、マウスパイプ側のヴァルブから段々ボアが太くなるコニカル・スタイルとなっています。

5ヴァルブ(右5)で左手側のレバーは2番管のトリガーです。
170205_1.JPG

170205_2.JPG
背面のシャフトが2番抜き差し管へと繋がっています。
170205_3.JPG
ヴァルブ・ケーシングに穴が開いていますので、ヴァルブを押していない状態でもトリガーの操作が可能。
170205_4.JPG
マウスパイプはブリッジになっています。
170205_5.JPG

ヒルガース モデル [チューバ]

W. ヒルガース氏のモデルのFチューバと言えばマイネルウェストンの45QHS有名ですよね。
で、最近ネットで発見したのがアレキサンダー社のヒルガース モデル。
あるんですねー。
やっぱりクイント ヴァルブはお約束。
なかなかにオーラを感じる楽器だとは思いませんか?
Vogt_Instruments-Shop-f-tuba-gebr-alexander-6-ventile-modell-walter.jpg
引用元:Vogt instruments

めし [めし]

ちょろっと楽器の写真アップして放置してました。
すみません。
すごくよい個体なので、近々詳細アップするつもりです。

そういえば、このブログ「めし」というカテゴリーあったので、めしネタでも。

foods.170123_1.jpg
仕込み終わった鮭の醤油漬け・豚肉の味噌漬け・高野豆腐のコチュジャン風味3点。

foods.170123_2.jpg
最近絶好調の糠床。

foods.170123_3.jpg
突然食べたくなって作った茄子のカレー。

以上です。

楽器ネタはいろいろと溜まっているので、徐々にアップしますね。

取り急ぎ…。 [チューバ]

melton meinl weston 45s..jpg
Melton Meinl Weston 45S.

Ver.2 [トロンボーン]

アレッシホーン タイプのエドワーズのバストロンボーン、そのオフセット仕様のプロトタイプ Ver.2の画像を発見!
初期のものとはバルブ セクションの巻きが違いますね。
くぅ〜、リリースがホント待ち遠しいです。

image.jpg

アレッシ ホーン・バストロ版(インライン)…? [トロンボーン]

全然更新してませんでしたね…。

さて、気を取り直して表題の通りアレッシ ホーンのバストロ版・インラインモデルのプロトタイプと思われるものを、ボストン響のジム・マーキー氏が手にしているを画像をアップします。
画像を見る限り、B♭/F/G/E♭のセッティングのようですね。
B&Sのザラストロ モデルや、メトのポール ポラード氏(クルトワの特注品)が上記のチューニングを採用してることからも、この組み合わせがリバイバルしているのでしょうか…(少し前だとアメリカン スタイルはB♭/F/G/Dでドイツ管はB♭/F/G/E♭というイメージでしたね)?
兎にも角にも発売が楽しみです!

RIMG0005_compressed.jpg

演奏会のお知らせ [音楽]

自分が所属するオケの定期演奏会が5月12日にあります。
下記リンクから無料招待のフォームが手に入りますので、ご興味ある方ぜひ起こしくださいませ。
よければ終演後お声掛けて頂くと嬉しかったりもします(笑)。

http://tpgo.web.fc2.com/ticket_.html

試奏記その2 [トロンボーン]

お次はトローヤ。
これまた素晴らしい楽器!
楽器に身を任せて、安心して演奏できる感じです。
そしてまた仕上げが美しい!
見ていてホント惚れ惚れとします。
ご興味のある方は是非、東京のドルチェ楽器さんで現物を「鑑賞」し、試奏される事をオススメします。

image.jpg

試奏記その1 [トロンボーン]

RathのR900試奏してみました。
その感想は、とにかく驚異的な高CP…!
この一言につきる楽器です。
サウンドは明るく暖かみがあり、ものすごく吹きやすいです。
ホント衝撃的でした。

image.jpg

ザラストロ! [トロンボーン]

ちょっと前なんですけど、ウィーン・フィルのバストロンボーン奏者マーク・ガール氏が使用している事でも話題のB&Sのザラストロ・モデルを試奏してきました。

image.jpg
左からからレッチェのSLB-AD/K日本入荷2本目、自身の楽器で同モデルで日本入荷1本目、そしてB&Sのザラストロ・モデルです。

以下は四方向からのショットを...。
image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

バレット・ブレイスが装着され、楽器の保持が楽です。
image.jpg

ウィング状のウェイトが支柱と主菅に装備されています。
image.jpg

image.jpg

非常に品質の高い楽器で、その精度には感心させられます。
特に弱音での反応の良さには目を見張るものがあります。
安心して音楽を奏でられる楽器といえそうです。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。